ホーム  >  応急処置|神戸 一人暮らし情報館

TOP > 住まいの安心生活 > 応急処置

<<止血>>

出血には、2種類あります。1つは静脈からの出血で、もう1つは動脈からの出血です。
a. 静脈からの出血
静脈からの出血の特徴は血液の色が黒く、ジワッと出血します。少し太い静脈からですと、黒い血液が溢れるように出血します。静脈からの出血の止血の原則は圧迫です。圧迫する時間は最低5~10分間位は必要です。圧迫をしている途中で、圧迫を解除すると出血量が増加しますので、途中で圧迫を解除することのないようにしましょう。出血量が多いようなら、医療機関を受診してください。
b. 動脈からの出血
静脈からの出血の特徴は血液の色が鮮紅色で、拍動性に勢いよく出血します。
動脈から出血は出血量も多く、直に医療機関にて適切な処置が必要です。応急処置としては、出血部位より心臓側の動脈を縛ることです。縛る強さは出血が止まる程度です。

◆◇◆  軽い出血 ◆◇◆

包帯はきつく締めすぎると神経を圧迫して血液の循環が悪くなる。 折りたたんだ消毒ガーゼを傷口にあて、更に小さく折りたたんだ消毒ガーゼを重ねて包帯をする。

◆◇◆  動脈の出血や極く醜い出血 ◆◇◆

動脈の出血や極く醜い出血の時に行う。しかし、長時間に渡り動脈を遮断することは組織が壊死を起こすことから、なるべく早く医療機関を受診することが大切です。医療機関の受診に時間がかかるようなら、皮膚の色が変わるようなら、遮断を一時的に解除することも必要となります。

差し込んだ棒を引き上げながら廻して、出血が止まるまで充分締める。出血が止まったら、ゆるまないように棒の端をもう一本の布切れなどで止める。

TOP > 住まいの安心生活 > 応急処置



【神戸の賃貸に強いハウスプランニング】

毎年調査される住みたい街でも上位の常連である神戸市は賃貸物件も豊富です。

神戸市の魅力なんといってもその異国情緒溢れる街並みと言えます。周囲を自然に囲まれており、歴史ある港街ですので、長年にわたり積み上げられた国際色豊かな景観は、そこに住む人だけでなく、多くの観光客も魅了します。

ただ、景観がいい観光都市ではなく、実際に住まれてる人も多く、「暮らしやすい」という意見は多いようです。弊社は神戸市内で賃貸物件探しのお手伝いをする会社ではありますが、スタッフ自身も神戸在住の人間が多いので、賃貸物件を探しに来られた方に、神戸の魅力や住みやすさ、リアルな情報をお伝えすることができます。

また、神戸市内の賃貸に強い理由は、神戸市内に4店舗持っていることです。神戸市内の各エリアごとに専任のものが賃貸物件の案内をさせて頂きます。当然、店舗同士の連携で対応もさせて頂きます。

是非、これから神戸に住みたい、賃貸物件を借りたいというお客様、当店にご相談下さいませ。


ページトップへ