ホーム  >  応急処置|神戸 一人暮らし情報館

TOP > 住まいの安心生活 > 応急処置

<<火傷>>

軽度のやけどと重度のやけどでは、手当のしかたとその後の対応は違ってきます。また、やけどの場所や深さによっても違ってきますから、手当・対応方法を誤らないように注意しましょう。
やけどをしたらその原因にかかわらず、まずは患部を水で冷やします。(水道の流水、バケツ、洗面器にためた水等)できれば、10分(最低)~30分は、冷やし続けることがよいでしょう。衣服があっても無理に脱がすことはせずに、そのまま冷やします。

熱傷1度
ヒリヒリとする痛みがあり、皮膚の表面が赤くなる。
熱傷2度
焼けるような強い痛みと、水泡(水ぶくれ)ができます。
熱傷3度
あまり痛みは感じなくても、皮膚が白くなっていたり、表面がやけただれ炭化しているような時。

軽症の火傷はまず、水道水などで十分に冷却し、医療機関を受診すると良いです。少し重症な火傷は火傷専門医療機関を受診する必要があります。時には皮膚移植など高度の医療が必要となるからです。また、重症火傷は、将来、皮膚癌の原因の1つともなることから、専門医による長期の経過観察が必要です。

TOP > 住まいの安心生活 > 応急処置



【神戸の賃貸に強いハウスプランニング】

毎年調査される住みたい街でも上位の常連である神戸市は賃貸物件も豊富です。

神戸市の魅力なんといってもその異国情緒溢れる街並みと言えます。周囲を自然に囲まれており、歴史ある港街ですので、長年にわたり積み上げられた国際色豊かな景観は、そこに住む人だけでなく、多くの観光客も魅了します。

ただ、景観がいい観光都市ではなく、実際に住まれてる人も多く、「暮らしやすい」という意見は多いようです。弊社は神戸市内で賃貸物件探しのお手伝いをする会社ではありますが、スタッフ自身も神戸在住の人間が多いので、賃貸物件を探しに来られた方に、神戸の魅力や住みやすさ、リアルな情報をお伝えすることができます。

また、神戸市内の賃貸に強い理由は、神戸市内に4店舗持っていることです。神戸市内の各エリアごとに専任のものが賃貸物件の案内をさせて頂きます。当然、店舗同士の連携で対応もさせて頂きます。

是非、これから神戸に住みたい、賃貸物件を借りたいというお客様、当店にご相談下さいませ。


ページトップへ