ホーム  >  冠婚葬祭マナー|神戸 一人暮らし情報館

TOP > 住まいの安心生活 > 冠婚葬祭マナー

葬儀 -会場では-

<当日持参するもの>
香典(できればフクサに包んで出かけます)、数珠、名刺は最低限必要です。他に白いハンカチ、ティッシュ、女性の方なら小物入れなどです。また洋服をかえて出かけるので、小銭なども忘れないように。

<香典を渡す時>
会場の受付についたら、お悔みの挨拶をし、フクサから香典を取り出し、先方側に向きを変えて差し出します。遺族に直接渡す場合は、「ご霊前にお供え下さい」とことばを添えて差し出すのがいいでしょう。

<お焼香のしかた>
お焼香の回数は1回~3回と宗派によって違いますが、会葬者が多い場合は1回に留めるのがいいでしょう。また家の間取りによっては回し焼香となる場合もあります。
宗派によって多少異なります。
①まず周囲の人に軽く会釈し静かに中腰で霊前に進みます。
②座ぶとんの手前で腰をおろし、僧侶、遺族の順で一礼します。
③遺影を正視し、一礼してから座ぶとんににじりよるようにすわり、合掌します。
④抹香は右手の親指、人さし指、中指の三本で少量つまみ、みけんのあたりの高さにささげ、香炉の火へ静かに落とし、再び合掌して深く一礼します。
⑤前向きのまま座ぶとんからにじりおりて、僧侶と遺族に一礼し、静かに立ち上がり2~3歩そのまま後退し、向きをかえて席にもどります。

TOP > 住まいの安心生活 > 冠婚葬祭マナー



【神戸の賃貸に強いハウスプランニング】

毎年調査される住みたい街でも上位の常連である神戸市は賃貸物件も豊富です。

神戸市の魅力なんといってもその異国情緒溢れる街並みと言えます。周囲を自然に囲まれており、歴史ある港街ですので、長年にわたり積み上げられた国際色豊かな景観は、そこに住む人だけでなく、多くの観光客も魅了します。

ただ、景観がいい観光都市ではなく、実際に住まれてる人も多く、「暮らしやすい」という意見は多いようです。弊社は神戸市内で賃貸物件探しのお手伝いをする会社ではありますが、スタッフ自身も神戸在住の人間が多いので、賃貸物件を探しに来られた方に、神戸の魅力や住みやすさ、リアルな情報をお伝えすることができます。

また、神戸市内の賃貸に強い理由は、神戸市内に4店舗持っていることです。神戸市内の各エリアごとに専任のものが賃貸物件の案内をさせて頂きます。当然、店舗同士の連携で対応もさせて頂きます。

是非、これから神戸に住みたい、賃貸物件を借りたいというお客様、当店にご相談下さいませ。


ページトップへ