ホーム  >  地震対策|神戸 一人暮らし情報館

TOP > 住まいの安心生活 > 地震対策

<<いざという時どうする?〔非難する時〕>>

1.非難する時
①避難する前に再度、ガスの元栓などの火の元を確認し、電気のブレーカーを切って避難してください。
②避難先や安否情報を書いた連絡メモを残しましょう。
③避難する際は、安全で、動きやすい服装を着用してください。
④荷物は必要最小限にし、常に両手が使えるように荷物は背負いましよう。
⑤障害者、お年奇りや子供から目を離さずに、手をしっかりと握って避難してください。
⑥徒歩で避難して下さい。車での避難は、緊急車両の通行を妨げることになりますので、歩いて避難するようにしてください。
⑦避難は指定された避難場所、避難所ヘ。
⑧狭い路地、塀ぎわ、崖や川べりはできるだけ通らずに避難してください。また、繁華街では看板やガラスが落ちてくることもありますので注意してください。

2.避難する時の服装
・肌を露出しないように長袖、長ズボンを着用する。
・へルメットや防災ずきんなどで頭を保護する。
・靴は底の厚く、履き慣れたもの(ガラスの破片や釘、ガレキでケガをすることを防ぐ)。
・軍手を着用する。
・両手が使えるように荷物はリュックサックに入れ、背負う。

TOP > 住まいの安心生活 > 地震対策



【神戸の賃貸に強いハウスプランニング】

毎年調査される住みたい街でも上位の常連である神戸市は賃貸物件も豊富です。

神戸市の魅力なんといってもその異国情緒溢れる街並みと言えます。周囲を自然に囲まれており、歴史ある港街ですので、長年にわたり積み上げられた国際色豊かな景観は、そこに住む人だけでなく、多くの観光客も魅了します。

ただ、景観がいい観光都市ではなく、実際に住まれてる人も多く、「暮らしやすい」という意見は多いようです。弊社は神戸市内で賃貸物件探しのお手伝いをする会社ではありますが、スタッフ自身も神戸在住の人間が多いので、賃貸物件を探しに来られた方に、神戸の魅力や住みやすさ、リアルな情報をお伝えすることができます。

また、神戸市内の賃貸に強い理由は、神戸市内に4店舗持っていることです。神戸市内の各エリアごとに専任のものが賃貸物件の案内をさせて頂きます。当然、店舗同士の連携で対応もさせて頂きます。

是非、これから神戸に住みたい、賃貸物件を借りたいというお客様、当店にご相談下さいませ。


ページトップへ