ホーム  >  冠婚葬祭マナー|神戸 一人暮らし情報館

TOP > 住まいの安心生活 > 冠婚葬祭マナー

葬儀 -お通夜・葬儀の服装-

<お通夜の場合>
例えば仕事中、取引先の方が亡くなられました。急ぎ、今夜6時からのお通夜ということになりました。
基本:場所をわきまえた服装を。
お通夜は突然のことなので平服のまま出席することが多くなります。服装はそのままといっても、あまり華美なものは避けます。光るものやアクセサリーは取りましょう。

<告別式の場合>
明日の告別式に出席するために、式服を準備します。
基本:服装は黒服。
女性も黒服で夏でも半袖以上。バックからストッキングまで全て黒で。真珠以外のアクセサリーをつけないのがマナー。告別式の服装は、男性は黒のスーツ、黒のネクタイ、黒の靴下、黒の靴です。やむをえない場合は、地味な平服でもかまいません。しかしワイシャツは白とし、ネクタイ、靴、靴下は黒を用いましょう。その場合は喪章をつけ弔意を表します。

TOP > 住まいの安心生活 > 冠婚葬祭マナー



【神戸の賃貸に強いハウスプランニング】

毎年調査される住みたい街でも上位の常連である神戸市は賃貸物件も豊富です。

神戸市の魅力なんといってもその異国情緒溢れる街並みと言えます。周囲を自然に囲まれており、歴史ある港街ですので、長年にわたり積み上げられた国際色豊かな景観は、そこに住む人だけでなく、多くの観光客も魅了します。

ただ、景観がいい観光都市ではなく、実際に住まれてる人も多く、「暮らしやすい」という意見は多いようです。弊社は神戸市内で賃貸物件探しのお手伝いをする会社ではありますが、スタッフ自身も神戸在住の人間が多いので、賃貸物件を探しに来られた方に、神戸の魅力や住みやすさ、リアルな情報をお伝えすることができます。

また、神戸市内の賃貸に強い理由は、神戸市内に4店舗持っていることです。神戸市内の各エリアごとに専任のものが賃貸物件の案内をさせて頂きます。当然、店舗同士の連携で対応もさせて頂きます。

是非、これから神戸に住みたい、賃貸物件を借りたいというお客様、当店にご相談下さいませ。


ページトップへ