ホーム  >  冠婚葬祭マナー|神戸 一人暮らし情報館

TOP > 住まいの安心生活 > 冠婚葬祭マナー

祝事 -長寿のお祝い-

長寿祝いは還暦や米寿等を迎えた人の長生きを喜んで、 いつまでも元気でいてほしいという思いを込めてお祝いするものです。 本来は数え年で行いますが、現在は満年齢で祝う方も多くなってきています。 還暦には新しい暦に還ることです。赤ちゃんに還るということで、赤を効かせた 品物を贈るといいと言われています。

【賀寿の年と名称(数え年)】

61歳 還暦(かんれき) 70歳 古希(こき)
77歳 喜寿(きじゅ) 80歳 傘寿(さんじゅ)
88歳 米寿(べいじゅ) 90歳 卒寿(そつじゅ)
99歳 白寿(はくじゅ) 100歳 百寿(ももじゅ)
108歳 茶寿(ちゃじゅ) 110歳 珍寿(ちんじゅ)
111歳 皇寿(こうじゅ)    

【お祝いの仕方】
現代では還暦といっても、まだ現役で活躍している人も多いでしょうから、お祝いのしかたは本人と相談して決めましょう。昔は、還暦や古稀に達すると、その年に達した人が、餅をつかせて親戚や知人に配り、子どもや孫を集めて宴をひらいたものですが、最近では知人や親戚などが発起人となって宴を催し、祝意を表すということが多くなってきたようです。傘寿くらいからは、健康状態を考えて決めましょう。贈り物は赤いちゃんちゃんこや頭巾、座布団を贈るならわしがありますが、最近では年寄りじみていやがる人も多いので、ならわしにとらわれない方が良いかもしれません。

TOP > 住まいの安心生活 > 冠婚葬祭マナー



【神戸の賃貸に強いハウスプランニング】

毎年調査される住みたい街でも上位の常連である神戸市は賃貸物件も豊富です。

神戸市の魅力なんといってもその異国情緒溢れる街並みと言えます。周囲を自然に囲まれており、歴史ある港街ですので、長年にわたり積み上げられた国際色豊かな景観は、そこに住む人だけでなく、多くの観光客も魅了します。

ただ、景観がいい観光都市ではなく、実際に住まれてる人も多く、「暮らしやすい」という意見は多いようです。弊社は神戸市内で賃貸物件探しのお手伝いをする会社ではありますが、スタッフ自身も神戸在住の人間が多いので、賃貸物件を探しに来られた方に、神戸の魅力や住みやすさ、リアルな情報をお伝えすることができます。

また、神戸市内の賃貸に強い理由は、神戸市内に4店舗持っていることです。神戸市内の各エリアごとに専任のものが賃貸物件の案内をさせて頂きます。当然、店舗同士の連携で対応もさせて頂きます。

是非、これから神戸に住みたい、賃貸物件を借りたいというお客様、当店にご相談下さいませ。


ページトップへ