ホーム  >  らくらく大掃除|神戸 一人暮らし情報館

TOP > 住まいの安心生活 > らくらく大掃除

洗濯 -シミ抜き方法-

<泥はね>
取り方としては、まず乾かすことで、慌てずに自然乾燥を待つか、あるいはドライヤーを使うと便利です。完全に乾いて、ドライヤーを使ったときはその暖かみが冷えたところで、シミの部分を指先でもむと汚れの大部分が落ちます。 それでもまだ残っているときは、中性洗剤を薄めた液をタオルにつけ、堅くしぼったものでたたいて取ります。 下側に敷いた乾布に、たたいて移し取ります。なお、そのあとぼかして、さらに乾いたタオルで、シミが流れないようにたたいて乾かせば完全です。

<しょうゆ・ソースのシミ>
①水で堅くしぼったタオルでたたいて取ります。
②微温湯を使って同じ要領で取ります。
③今度は中性洗剤を使って取ります。
④アンモニア5パーセント液を使って同じ要領で落します。
この順序を守って落すことがコツで、最初から中性洗剤を使うと、却って落ちない部分が残るので注意してください。 材質としては、絹、毛、木綿、化繊いずれでも同様です。

<お酒のシミ>
お酒の主成分はご存知のとおりアルコールです。 そこでアルコール10%液をつくり、シミの部分をたたいて取ったあと、水で堅くしぼったタオルでたたいて仕上げます。さらに、裏表に乾布かチリ紙を敷き、重しをして乾かせば万全です。

<たれ(肉汁)のシミ>
たれのシミには脂肪が含まれているので、ブラシにベンジンをつけて、シミの部分を軽くたたいて、まず脂肪分を取ります。このベンジンが蒸発した後に、残っているたんぱく質を、洗剤または石鹸液を使って落せばきれいになります。

<カレー汁のシミ>
水あるいは微温湯に洗剤を溶かし、ブラシなどでたたいて取ります。それで取れない部分は、市販のアルコール10~20パーセント液を使います。なお取りきれない場合はシンナーで・・・・。

<汗じみ>
このシミもついてすぐとか、1日位のうちでしたら、家庭でお使いの酢を2倍に薄めて霧吹きで吹きつけるか、タオルにしめらせてたたくかすると、酢に溶解しますので、そのあと水を吹きつけてたたけば、きれいになります。 日が経った古い汗じみは、メチルアルコールを倍に割った液にしめらした後、残った色素をオキシフル10パーセント液で酸化漂白すると、きれいになります。

TOP > 住まいの安心生活 > らくらく大掃除



【神戸の賃貸に強いハウスプランニング】

毎年調査される住みたい街でも上位の常連である神戸市は賃貸物件も豊富です。

神戸市の魅力なんといってもその異国情緒溢れる街並みと言えます。周囲を自然に囲まれており、歴史ある港街ですので、長年にわたり積み上げられた国際色豊かな景観は、そこに住む人だけでなく、多くの観光客も魅了します。

ただ、景観がいい観光都市ではなく、実際に住まれてる人も多く、「暮らしやすい」という意見は多いようです。弊社は神戸市内で賃貸物件探しのお手伝いをする会社ではありますが、スタッフ自身も神戸在住の人間が多いので、賃貸物件を探しに来られた方に、神戸の魅力や住みやすさ、リアルな情報をお伝えすることができます。

また、神戸市内の賃貸に強い理由は、神戸市内に4店舗持っていることです。神戸市内の各エリアごとに専任のものが賃貸物件の案内をさせて頂きます。当然、店舗同士の連携で対応もさせて頂きます。

是非、これから神戸に住みたい、賃貸物件を借りたいというお客様、当店にご相談下さいませ。


ページトップへ