ホーム  >  冠婚葬祭マナー|神戸 一人暮らし情報館

TOP > 住まいの安心生活 > 冠婚葬祭マナー

婚礼 -スピーチを頼まれた場合-

親しい友人同士のパーティーなら多少の失敗も許されますが、結婚披露宴でのスピーチともなるとそうはいきませんので、本番であわてないようにあらかじめ原稿を書いておくと良いでしょう。ただし、原稿を丸暗記しても気持ちのこもったスピーチにはなりません。自分の言葉で話せるようになるまで練習を何回もしましょう。また、どんな上手なスピーチでも内容が正確でなければ台無しです。知っているつもりでも、とかく思い込みや間違いがあるものです。主役となる人の略歴や家族について話すときは、特に注意が必要です。スピーチは3分程度で止めましょう。

スピーチは(1)お祝いの言葉、(2)自己紹介と新郎又は新婦との関係、(3)思いでのエピソード、(4)はなむけの言葉の順にまとめるのが基本です。ポイントは自然と人柄が伺えるような「相手との思い出のエピソード」を選び、うまく話すことです。

また、スピーチの題材を考えていくうちにあれもこれも話そうと考えてしまいがちですが、これでは話が長くなり一般的にいわれている「3分スピーチ」を超えてしまいます。あまり長くなると聞き手の方も集中力がなくなり最後の方は聞いてもらえなくなることもあります。

TOP > 住まいの安心生活 > 冠婚葬祭マナー



【神戸の賃貸に強いハウスプランニング】

毎年調査される住みたい街でも上位の常連である神戸市は賃貸物件も豊富です。

神戸市の魅力なんといってもその異国情緒溢れる街並みと言えます。周囲を自然に囲まれており、歴史ある港街ですので、長年にわたり積み上げられた国際色豊かな景観は、そこに住む人だけでなく、多くの観光客も魅了します。

ただ、景観がいい観光都市ではなく、実際に住まれてる人も多く、「暮らしやすい」という意見は多いようです。弊社は神戸市内で賃貸物件探しのお手伝いをする会社ではありますが、スタッフ自身も神戸在住の人間が多いので、賃貸物件を探しに来られた方に、神戸の魅力や住みやすさ、リアルな情報をお伝えすることができます。

また、神戸市内の賃貸に強い理由は、神戸市内に4店舗持っていることです。神戸市内の各エリアごとに専任のものが賃貸物件の案内をさせて頂きます。当然、店舗同士の連携で対応もさせて頂きます。

是非、これから神戸に住みたい、賃貸物件を借りたいというお客様、当店にご相談下さいませ。


ページトップへ